12.8.2018中国延辺州延吉市で写真展に参加し優秀作品賞を受賞

 

中国延辺延吉市での写真展

OLYMPUS OM-D EM-1 Mark2 14-

Nikon D810 50mm F1.8

中国吉林省延辺州(Yanbian)延吉(Yanjin)の第7回中国延辺国際写真文化週間に行っておりました。
その中で、外国人初の優秀作品賞を頂きました。

中国延辺国際写真文化週間 優秀作品賞を受賞

以下はプロフィールと”未知の窓”コンセプト

宮田 昌彦 みやた まさひこ1963年生まれ写真家。1985年大阪芸術大学卒業。1994年、天井川のどての下 (個展)ギャラリィー紅・京都コンタックスギャラリー。1997年、心・メッセージ母校四条畷学園物語(参加)フジフォトサロン大阪。2001年、美しい地球大好き(参加)東大阪市民美術センター。2001年、A PLACE FOR PHOTOGAPHER (2人展)The Thirdo Gallery Aya 。2007年公益社団法人日本広告写真家協会正会員。 2008年大阪芸術大学講師。2009年ニコンイメージングジャパン 写真講師。2009年 写真集、河内國平という生き方(里文出版) 上梓。2005年、刀匠、河内國平の世界(個展)Gallery HANARE ・フジフォトサロン大阪。2012年 写真集、義-岸和田旧市だんじり祭り(遊タイム出版)上梓。2015年 写真集、刻字書の世界(せせらぎ出版)上梓。2017年 第19回ニューアート芸術祭lAbRinT2018参加(ドイツ・ポーランド同時開催) 2018年 第7回延辺国際写真文化週間参加、同優秀作品賞受賞(中国吉林省延辺州延吉)。

 

Photographer:Masahiko Miyata

2018.7 th “China Yanbian Seveenth International Photography Culture Week, Received the honorary certificate Excellent Work Award.2017. 18th “LABIRYNT” New Art Festival, Frankfurt an der Oder, Germany/Poland.2015. “KOKUJI SHO” It’s published.2015. “Kishiwada Danjiri Fastival” It’s published. 2012. “Kawachi Kunihira No Sekai” Photo Exhibition Gallery HANARE.2009. “Japanese sword smith Kunihira Kawachi” It’s published. 2009. Nikon-image Photo lecture.2008. Osaka University of Arts Teacher2008. Japan Advertising Photographer Association Menber.2001. “APA Photo Exhibition held at HIGASHI OSAKA City Art Center.2001. “A PLACE FOR PHOTOGAPHER” Photo Exhibition The Thirdo Gallery Aya.1997. “SHIJOUNAWATEGAKUENN” Photo Exhibition Fuji Photo Salon. 1994. ”TENJOU-GAWA NO DOTENOSHITA” Photo Exhibition Galley “BENI” and CONTAX Gallery KYOTO. 1985. Osaka University of Arts Graduation.1963. born in Japan-Osaka

【未知の窓】

2014年から取り組んでいる”未知の窓”では当初出張で泊まるホテルの窓から見える景色とその窓を含めた部屋の中のあり様を撮影し単純に重ねていたました。窓の外の風景は自分を取り巻く環境や現代社会を反映しています。過疎地に行けは何もない広々とした景色に出会い、開発した新しい都市では自然の木々は住宅に置き換わり緑も消え去っていました。その窓の内側、部屋の中は自分自身のプライベートな要素、内面を投影している様に思えます。私は仕事柄、出張で各地へ赴くことが多いくその旅先で不安な夜を過ごした時は朝の部屋の状態に反映されています。私たちは時として内面の事を自分自身でも判らなくなる事があります。外的要素それは他人との付き合いや社会との繋がり、友人や年上の知人からの影響など複雑に絡みあっていると言えます。内面と外的な要素が重なり合い自分でも知らない一面が現れたりします。そのような事象がこの重なり合った写真で表現されています。窓という言葉は色々な意味を併せ持ちます。内側と外を隔てるもの。それは守られている要素も確かにあります。外の景色言い換えれば現代社会。世の中を一歩離れて冷静に眺めている要素とも思えます。窓と壁との大きな違いは窓を境に見る、もしくは見られる要素が含まれる事です。窓を被写体にするも非常に興味深いと言えるでしょう。人間の曖昧な部分や不安定な要素が見え隠れする内面の要素の表現は複雑です。内的の要素を表現した写真と外の景色とを重ね合わせる行為は立ち上がってくる物と埋もれ消え去る物が絡み合い、明確に説明できない人の内面を表現しているものになります。

“unknown self window”

In “Unknown self Window” which was made into a photographic work from 2014, I took the scenery which I can see from the hotel window which I initially stayed and the inside of the room, and synthesized two photos. The landscape outside the window I feel reflects the environment surrounding me and the modern society. I go to a country town and see a vast landscape there. On the other hand, when you go to a new town, the natural trees are broken and the landscape replaced by the house is spreading. I will take pictures of the inside of the room where I will stay at my destination. That picture represents my private element. If you spend an uneasy time that night, it will be reflected in the state of the room in the morning. We can’t say we all know everything inside ourselves. External factors It can be said that the relationship with others, the connection with society, the influence from friends and acquaintances, etc. are complicated.The inner surface and the outer element overlap, and one side you do not know appears. Such an event is represented by this superimposed image. Window has various meanings. Separate the inside from the outside. It certainly has elements to be protected, but it is an outside landscape, in other words a modern society. It seems to be a quiet element from the beginning of the world.

 

中国吉林省延辺州延吉市は綺麗な整備された街でした。

空から見た延吉市

延辺国際空港
僕は韓国仁川国際空港から乗り継いで入りました。

2時間30分ぐらいです

日本から直行便も飛んでいます。

関空から仁川国際空港までは2時間

滞在したホテル。素晴らしく豪華でした。
ラウンジ

滋賀の素敵なPR 琵琶湖八珍

滋賀県のPR 琵琶湖八珍のお仕事(お料理撮影など)をしております。前日長浜まで撮影に出かけました。大阪から順調で2時間。渋滞などに合うと2時間30分の行程になります。

お邪魔したのは、琵琶湖のお魚をふんだんに使ったお料理が有名な
「浜湖月」さん。コース料理の中から、一部撮影した写真をご紹介します。

「琵琶湖八珍」特別メニュー
和会席料理から
びわ鱒薄造り 地菜添え

ハスなれ寿司(チーズで風味を加えているそうです)

びわ鱒ちゃんちゃん焼

近江牛ローストビーフ

「琵琶湖八珍」特別メニュー
鉄板料理から
びわ鱒の塩〆炙り 酢橘風味 季節の野菜彩々を添えて

近江牛トモサンカクの炙り 柚子胡椒風味一口寿司仕立て

琵琶湖産スジエビのペリエ焼海胆  パプリカのクリーム
穂紫蘇 浅葱

太閤温泉 浜湖月の新企画のメニューより

Nikon D810

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

 

 

京都 洋菓子【ぎをんさかい】にて写真展示中

未知の窓というシリーズを初めて箕面市西南図書館で展示しました。その後、色々な方から反響を聞き、新たな作品も加え京都洋菓子ぎをんさかいの1F店舗奥のアート展示スペースで再度ミニ個展を開催しています。会期は当初の予定2018.9.14日まで延長が決まりました。場所は〒605-0074 京都市東山区祇園町南側570番地122

11:00~19:00(2Fカフェは16:30LO.17:00まで)定休日は無いようです。

pstee

夏の京都の床などと合わせてお越しください。
※不定期で在廊。不在の折は失礼をお許しください。

髙見國一刀工のその姿を記録する。

 

僕が彼、髙見國一刀工に会ったのは弟子入りして6〜7年目のころ。奈良の東吉野河内國平刀匠の鍛錬場の事だ。彼は18歳でその門を叩きここまで来た。今回の新聞報道で話題になったのが高松宮賞。分かりやすく言えば特賞(1位)。彼は賞をこの20年間の間に7度受賞。来年にもう一つ賞を取り日本刀匠の最高峰無鑑査の称号を受ける。
810_7764

弟子入りの写真は無いが、火入れ式(独立の式典)や賞を取るごとに撮影をして来た。
810_7799

今は弟子を取るまでになり、親方として立派に日本刀会でその名を知らぬものはいない。

810_7840

 

コダワリ、努力、研究。「下手がいい」「出来る出来る出来る出来る必ず出来る」という、教えの元に河内國平親方の弟子として花ひらく瞬間を追って来た僕にも喜びがあるのだ。写真はその歴史をしっかり見つめていたと思う。人を取ることは①に信頼②に信頼③に関係。写真の前にこの関係性が写真を続ける僕のコンセプトや力になっている。

810_7648

上記は飛龍の滝。髙見國一さんの近所の滝素敵でね。

初心者の写真教室=スマホで撮影のコツ伝授します。

マカロン

自宅で喫茶店で撮影するアイテムは
色々ありますね。

その1:場所をどうするか

スマホで撮影

その2:ZOOMで少し寄る

スマホで撮影

その3:主役を1つにするよう背景や他のアイテムを整理する

スマホで撮影

スマホやコンデジは電源を入れたら広角側
になります。
撮影時には少しZOOM機能でアップにします
窓を背にするのは順光、窓に向かい撮影するのは
逆光。食品は逆光や半分逆光の半逆光を利用します

スマホで撮影

 

スマホに近づけると背景がかなりボケます
主役が引き立つので、試してみましょう。
座る場所は窓側。窓に対して正面や横がいいですね
それは逆光や半逆光で撮影する事になります。

そんな話題を地元の図書館でいたします。ご興味あれば

箕面市西南図書館で5/20日の写真教室参加希望と
お電話ください。

箕面市立西南図書館TEL:072-725-1022まで!

大阪北新地のイタリアン Girond’s Jr メニュー撮影

今日のお仕事は、メニュー撮影でした。大阪の北新地イタリアンGirondo’s Jr

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

料理撮影で僕がよくしている撮影セットですトレペを使い、バックライトをメインにし抑えは天井バウンス。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

時と場合により、ストレートれフレクターやアンブレラ、ハニカムなどにメインを変更したりサブライトを天井から右手のキーライトにします。今回のカメラはOLYMPUS E-M1 markⅡ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回使ったレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROこんなに近づけるのが驚きです。もう一つの魅力は軽いことや価格とレンズの開放値の明るさ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

注意しないといけないことは、手ブレ防止機能を使うと今回のようなストロボを同調させた場合、画面がルーズになるので、外すことがいいように思います。また、ノイズも結構感じますので、このようにしっかりライティングをする方がいいと感じています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

料理の撮影が多い中、この機動力とレンズの性能が新たなアングルのアイデアを生んでくれる素敵な機材ですね。

 

スタジオで美味しい滋賀の食材撮影

前回のレストランで撮影したお料理の素材
をスタジオで撮影しました。

2/23日、早朝に漁に出るか出ないかで撮影
日が決まります。

素材=琵琶湖の魚を近江八幡の堀切漁港に
引き取りに行き、大阪の株式会社エムツー
フオト・うちのスタジオで午後15:00から
撮影を行いました。
スタジオ撮影風景

スタジオ撮影風景

デザイナーのS氏が魚を選んでプロデュー
サーT氏が用意したざるに盛っているところ

スタジオ撮影風景

デザインラフを見ながらページネーション
演出の重なりがないかなどをチェックして
います。
同じような小道具がなんども出てくること
が無いように工夫しています。


スタジオ撮影風景魚を配置、スパイスやお野菜などをレイア
ウトします。

スタジオ撮影風景スタジオ撮影風景

テスト撮影しモニターで拡大してバランス
をチェックします。

スタジオ撮影風景

今回は男の(ぱぱメシがコンセプト)料理
感を出します。

スタジオ撮影風景

ちょっと渋目のライティング(光周り)で
料理写真を演出しています。

A5サイズのパンフレットの見開きになりま
す。

見開きで注意しなければならない事はノドと
呼んでいるページの閉じ位置です。

センターに折り目がくるのでその位置を把握
して絵に違和感が無いようにレイアウトが必
要になるのです。

前回の滋賀のレストランで撮影した完成料理
今回の素材を合わせてデザインされます。
印刷仕上がりが楽しみですね。

3月ごろに滋賀の琵琶湖八珍(琵琶湖で獲れ
るお魚を紹介する店やレストランなど)取り
扱いするお店で無料でこのパンフレットは
配布される予定です。

滋賀で美味しい食材の料理撮影

おいしい滋賀の魅力紹介サイト
滋賀県の売りはその豊かな大地と日本最大
の淡水湖、琵琶湖で取れる独特な魚などで
す今回は滋賀のポータルサイトの撮影。

おいしい滋賀の魅力紹介サイト

多数のお料理の仕上げはシェフが行います

おいしい滋賀の魅力紹介サイト

おいしい滋賀の魅力紹介サイト

繊細な扱いは多数の道具でします。
おさじの背中で味噌を立てます。

おいしい滋賀の魅力紹介サイト

撮影のライティングセットは今回はトレペ
越しのアンブレラで優しい光回すです。

おいしい滋賀の魅力紹介サイト

ラフや前回の撮影の画像を見ながら調整し
ます。

滋賀のweb撮影 撮影:宮田昌彦

滋賀のweb撮影をしています。
湖の淡水魚の撮影でした。

堀切港の横に能登漁協組合の
港があります。

残念ながっら一般の方は入れません。

その場所に魚を撮りに行きました

ネコ

 

堀切港と言えば沖島=ネコの島
ここには新鮮な魚があります

 

ネコ

 

いるいる
ネコちゃん
体重が気になるのか
秤にのるネコ。笑っちゃいました。

ネコ シマエビ

こちらはシマエビ
透明で綺麗ですね

ネコ OLYMPUS DIGITAL CAMERA

滋賀の撮影。肝は早い撮影時間

滋賀のポータルサイトの撮影を担当しています。
僕の撮影の信条は・早い・安い・うまい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

撮影される方は(プロのモデルさん以外)
カメラを向けられると緊張します。
その、中で短時間でその人らしさを写す。

 

言うは易し、するは難し。
僕はお料理撮影と人物撮影が得意です
同じ理論です。

お料理も出来上がってすぐ撮影するのが
大事だと思います。
美味しいものは綺麗に写る。
温かいものは温かい状態で、冷たいものは
冷えたままで。おおよそ2〜3分がコツ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人物も2〜3分で勝負。

ディレクターは粘ればいい表情があると
勘違いしている人がほとんどですね。

笑顔は一瞬。なんども同じ表情はできません。

モデルさんやプロも同じですね。

TOP