作品つくりの旅 2019年 夏 Paris~Marseille~Venice

お盆過ぎから10日間で作品撮影の旅に出ていました。
夫婦2人で海外旅行は2〜25年ぶりだと思います

子ども達も独立していますので、気兼ねなく撮影の旅を楽しみました。

元々2年前にヴェネチアビエンナーレを初めて体験
もう一度、次回開催の2019年を目標にANAマイルを貯めて
Cクラスで夫婦できました。

嫁さんはヨーロッパが初めて
僕は観光より自由な感覚での撮影地(名勝・旧跡以外)が好きですが
急遽ルーブル美術館鑑賞、ローマ遺跡巡りやアビニヨンの橋
に立ち寄るプランになりました。

嫁さんの長年共働き頂いた慰労の意味もありますので
ここは色々な段取りでのキャンセルフィーを払ってでも変更
ガイドも雇い、Parisは満足いただけました。

ParisのLyon駅。アート作品が展示されていました。

写真①ParisのLyon駅

なんでParis市内にLyon駅があるのですかね?

ParisのLyon駅からMarseilleのTGVをLyonから事前にネットで間違えて購入
ガイドの安藤さんのアドバイスで前日に交換できました。
わからないことが海外では頻繁に起こりますね。

写真②ParisのLyon駅

ルーブル美術館は非常に混雑しており、日本人ガイドの安藤さん
にお願いしてチケットを取りました。

写真③
美術品の解説は公式ガイドさんだけの特権だそうで
場所の案内だけお願いしました。

写真④

1日で、有名どころを車を手配いただき周遊。充実の撮影&観光が出来ました。

写真④:モンマルトルの丘:フランスの首都パリで一番高い丘(標高130メートル)元々はこの丘を含む一帯のコミューン名(旧セーヌ県に属していた。)でもあったが、1860年にその一部がパリに併合されてセーヌ川右岸のパリ18区を構成するようになった。残部はサン・トゥアンに併合された。現在は、専らパリ側の地域を指し、パリ有数の観光名所となっている。Wikipedia引用

 

10日間の撮影日記は少しづつUPしますのでお付き合いください。

Nikon Z6 24-70mm f4&35mm f1.8

 

自然光で撮影

さて、自然光の撮影はどれでしょう?
不思議ですね。色々な撮影手法があります

僕は、その魅力を引き出す撮影手法を選びます

背景は自分で作りました。

 

 

松尾大社の亀に注目しました。

今年の夏は梅雨明けが遅れた分、蒸し暑いですね。
今日は京都の松尾大社に行きました。

僕は水を写真に入れることが多いと思います。

水はいつも変化しています。風景写真で雲をどう扱うかの

話題に近いですね。どの位置から水の反射や写り込みを
計算して写真に加えるかが、大切です。料理の胡椒効果ですね。

最後は桂川です。松尾大社駅から東に川を渡り、渡月橋の方向にさかのぼると
自然豊かな写真が写せます。野鳥もたくさん居ますので、風景写真好きには
たまらないですね。

 

桂川の魅力はゆっくり松尾大社駅から上流に向かい散歩しながら写す事でしょうね

 

 

京都の下町はノスタルジー(Nikon Z6のピクチャーコントロールToy使用)

京都で撮影するたびに観光地化する有名な場所より
僕は下町が好きです。

そんな下町のノスタルジー雰囲気の写真はZシリーズ
に搭載のクリエイティブピクチャーコントロールが
ぴったりです。

元来、メーカー独自の色調整はメーカーの
専用ソフトでしか発揮(反映)されないことが
以前はありましたが今は、
Adobe LightroomのCCでも反映されます。

クリエイティブピクチャーコントロール
はRAWで撮る限りは後処理でイメージを
変更もできます。

現場で色のイメージをじっくり考えても後で考えてもOK

ミラーレスの可能性を実感しました。

人物ポートレート写真への思い

写真撮影でいつも感じていることがある。
その人らしさって一枚の写真からどのように
現れるのだろうか?

 

写真は数多く撮影した中でも
1枚を使う(例えば会社案内の中でその人の顔写真
を使うのは1枚)
その1枚はどうやって撮り、決まるのか。
自分らしさと人から見られているその人らしさは
違う気がする。

ポートレート写真はカメラマンがどう撮るかで
表情だけではなく、その場の空気までも違いが出る。

モデル(撮られている人)と対面し、コミュニケーション
を声がけの言葉や、声のトーン、打ち合わせからの空気
いろいろな要素ではかることになる。

その人らしさの写真は客観であり、他人が感じるもの
なのだろうなと思う。

人物を撮影する場所はいろいろある。例えばスタジオ
私たちはバック紙をよく使う。24色以上あり、モノや人
の背景にするロールペーパーだ

あとはロケ撮影

ロケ場所を選ぶ事でその人の雰囲気も演出する。

淀川を背景にして次回は人物撮影の話題をいたします。

京都、嵐電(京福電気鉄道) 山ノ内駅の風景

京都の四条大宮のに嵐電(京福電気鉄道)四条大宮駅がある
ここから嵐電1日フリーきっぷを¥500で購入。目指すは
踏み外したら落ちてしまいそうなホームの山ノ内駅
かつては比叡山延暦寺の飛び地境内(山内)であったこの
付近の土地は、元は天台宗延暦寺の寺領であって、比叡山
の飛び地、つまりその山門に属していた土地、山内(さんない)
の土地というところから付いた地名である。※嵐電サイトから引用

電車をこのホームでは待ってはいけないという看板もあり
乗る間際もハラハラドキドキだ。
交通量が多いわけではないが、ホームの細さは非常にレア
感がある。

電車が停止すると信号も毎回赤に代わり、連動していること
が想像できる。

一般道を軌道が走る部分とそうでない部分がある。

嵐山本線と北野線がありこの日は帷子の辻で乗り換え
北野線の妙心寺まで足を伸ばした。
梅雨の中での中休み。雨には合わず、蒸し蒸しした
ロケとなったが、嵐電に乗ると涼しい車内のエアコン
に助けられた。
嵐電の魅力はのんびり1日フリーきっぷで味わいたい。

 

刀鍛冶 小宮六郎國天刀工を撮影

福岡の大牟田市倉永に仕事場、株式会社小宮四郎國光(刀鍛冶おじいちゃん、お父さん、おじさん、研師の弟)と運営する会社を構える小宮國天氏。昔は小宮四郎國光に工員が100人ぐらいいた頃もあったとの話。鍬などの農機具、包丁などを今も作っています。居合刀を作るのはある意味波紋の実験という國天氏。そんな現場を撮影してきました。

土置きはいつも同じ調子で置いているでも、地鉄の強さだったり焼き入れの温度だったりが違えば波紋は変わる。鍛冶屋としては土置き通りの波紋を出したい。でも出来ない。ある意味そうであつてこその部分がある。と國天氏は言います。同じものが出来るなら面白味に欠けるしコントロールしきれない部分が唯一無二の刀に仕上がる。そんなニュアンスを感じました。この日は田楽での焼き入れも撮影。昔じいちゃんが使っていた仕事場を見せて頂きました。

國天氏の代で6代〜7代目という刀鍛冶の家筋。河内國平親方に5年間弟子入りし、大牟田に戻ってきました。刀鍛冶を目指すキッカケは小学校三年の時、朝起きて顔を洗おうとした時に父が日本刀を作っていてその後ろ姿のカッコ良かった印象が頭に染み付いているそうです。今は父の仕事を手伝いながら、居合刀や美術刀を作成。時間が限られる中での2019年度の日本刀特賞を受賞したことは素晴らしいことです。地元の方々との日本刀に関するイベントや交流にも最近は積極的に参加しているそうです。日本刀をより身近なものと感じてもらえる為にイベントや展示会のアイデアも考え、日夜奮闘していることを感じました。

 

その人らしさ「笑顔の写真」=ほほ笑むツーフォト

ポートレート=肖像=人の姿や顔を写した絵・写真・彫刻などの像。

私はポートレート写真が得意です。

私の考える【その人らしさの写真】は家族や知り合いにとって、想いの引き出しのフックだと感じています。震災では流されたガレキの中から家族が写ったアルバムを探す人が大勢いたと聞きます。その人らしいポートレート写真はかけがえのない宝物。写真をみると色々なエピソードが浮かんできます。年輪のように年を重ね、重みを感じる顔立ちになるのも素敵。若い頃の元気を撮るのも素敵。幾つになっても、いつの場面でもその人らしさをポートレート写真に仕上げておく事は大切な事だと思います。何気ない一瞬の思い出。写真と言うフックにしませんか?

多くの関西VIP人物撮影をしてきた宮田昌彦がみなさんの【らしさ】を感じ取り、写真=「HoHo!笑むツーフォト」と題し、スタジオ撮影やロケ(外やスタジオ以外お気に入りの喫茶店、ご自宅でのなどなど)撮影をお話を伺う中でご一緒に考え、素敵なポートレート写真の撮影に取り組みます。気軽にご相談ください。

(オフィスシェアしている大亀京助さん撮影:筆者)

色々な表情がありますが、やはり笑顔、人によっては「ほほえむ」「爆笑」「こぼれる笑顔」「元気な笑い」その人らしさを感じ取り、短時間で撮影するのが、私のプロのカメラマンとしての技です。45分で¥10,000〜撮影出来ます。90分で¥20,000一人でもお友達でも時間で撮影します。枚数は関係ありません。全て、お渡しします。代表者の顔、今の顔、会社の顔。お問い合わせは、m2photoまで。電話090-8822-9422会社電話は06-6376-0002 メールはinfo@m2photo.net
必ずタイトルにポートレート撮影希望とお書きください。本名でフルネーム、希望の撮影日、撮影してほしい人数。ご連絡先をお書きください。

 

北新地、カジュアルイタリアンGirond’s Jrで令和元年、夏メニュー撮影

本日、令和元年5月9日、大阪北新地のカジュアルイタリアン
ジローズ・ジュニアで夏のメニュー撮影をしました。
いつもの撮影装備はこちら

ストロボで強い光はバックライト側
フロント気味に天井バウンズ
トレペで雰囲気を作ります。
カメラ

アボガドとマグロのオードブル

厨房でも撮影
Nikon Z6 24-70mm f/4

フレッシュトマトのピザはパイ生地でサクサクでした

Nikon Z6 24-70mm f/4

アイスクリームの撮影が一番緊張します。
解けるまでに数分しかありませんので。

Nikon Z6 24-70mm f/4


ミズダコも夏のメニューですね。フルーツの酸味が
素晴らしいアクセントです。

Nikon Z6 24-70mm f/4

 

平成最後の千里川にてランディング撮影

今日は伊丹周辺で撮影をしました。
平成最後のフライトをされた方を撮影
ランディングとテイクオフの撮影ポイントで
色々な撮影が出来ました。データをご参考にしてみてください。


Nikon D810 ISO:3200 1/5sec f5.6 500mm f/5.6 PF

Nikon D810 ISO:3200 1/40sec f5.6 500mm f/5.6 PF

Nikon Z6 ISO:3200  Nikkor Z S 1/80sec f1.8 35mm f/1.8

Nikon D810 ISO:100 1/320sec f9 500mm f/5.6 PF

Nikon D810 ISO:800 1/320sec f9 500mm f/5.6 PF

Nikon Z6 ISO:800 1/320sec f6.3 500mm f/5.6 PF

TOP